クチコミ

犬の去勢手術~睾丸が体内で腫瘍化する心配

更新日:

dog

シーズーとコーギーを一匹づつ飼っていました。コーギーは12歳と半年ちょうど、シーズーは今年の9月27日に16歳と半年2日で亡くなりましたので、その思い出です。16年前、引越しに合わせて前々から子どもたちにせがまれていた犬を飼うことにしました。ブリーダーのところに行くと、ちょうど生まれて間もない子犬がたくさんいました。初めは、飼うのは一匹と話し合っていましたが、どれもとても可愛いいので一匹に決められなくて、結局ちょっとやんちゃそうなシーズーとウインナーソーセージのようなウエルシュ・コーギー・ペンブローグの両方をいただくことにしました。一ヶ月後の引き取りということで、その間におうち犬にするためのゲージやマットなどを揃えて引き取りの準備をしました。

犬の悩み事

まず初日から困ったのは、夜です。寝る前にゲージに入れましたが、疲れていたのか2匹ともおとなしくゲージの中のマットに二匹寄り添って寝てしまったので、私たちは安心して二階の寝室に行きました。夜中に下で鳴き声がするので、皆で見に行くと階段のところで二匹いっしょに二階を見上げながらワンワン鳴いていました。あんまり可愛いので二匹とも抱いて二階に上がり、一緒に寝ることにしました。それからはずっと二階で私たちと一緒に寝るようになってしまいました。シーズーの方はとても丈夫で気が強くて、コーギーよりもほんの数日ですがお兄ちゃんだったせいでしょうか、初めは同じくらいの大きさだったコーギーが自分の二倍ほどの大きさになっても何かにつけて威張っていました。コーギーもシーズーに怒られてもいつも逆らうことなく、喉や首筋あたりを黙って咬まれていました。

去勢手術

悩み事と言えば、持病とコーギーの抜け毛です。コーギーちゃんはうちに来て一年くらいのときに去勢手術をしました。というのも、定期健診で睾丸の一つが下がっていないことが分かり、そのままにしておくと下がっていない方の睾丸が体内で腫瘍化するということで手術したものです。

手術後に手術痕を舐めたりしないように首に逆円錐形のカラーをつけた写真を見ると、今でも思わず吹き出してしまいます。また、このコーギーは心臓に疾患があったようで、大きくなってから時々発作というか全身を硬直させる痙攣を起こしました。病院でいただいた薬を飲ませると発作の間隔が長くはなりましたが、死ぬ少し前はそれまでは無かった日に数度発作を起こすようになり、最後は病院に行く途中に娘の腕に抱かれたまま息をひきとりました。シーズーちゃんの方は、乳歯が抜けずに歯が二段になってしまい、間に歯垢が溜まって口が開きにくくなったときに、お医者で歯を抜いてもらいました。この9月に亡くなる半年ほど前から白内障で目がほとんど見えなくなりましたが、最後まで散歩に行くとちゃんとおしっこをしていました。最後はほとんど食べなくなり、夜中に妻の腕の中で息をひきとりました。二匹ともとてもよい子でした。今もフォトフレームの中で元気に子どもたちと一緒に遊んでくれています。

抜け毛が酷い

抜け毛については、短毛ですが一年中抜け毛がすごくて、毎日何回も何回も掃除機をかけて、それだけでは不十分なので粘着テープを使って特に絨毯の上などを掃除していました。部屋以上に困ったのは衣服に毛がつくことでした。うっかり学校の制服のまま娘がコーギーを抱っこしたときなどは、大慌て大騒ぎで粘着テープでペタペタと毛を貼り取ったものです。病気については、人間と同じで定期健診をしっかり受けて健康管理をちゃんとする、ということでしょうか。幸い、家の近くによいペットクリニックがありましたので、生まれてから死ぬまでずっと診てもらうことができました。

 

////////////////////////////////

 

犬の悩み事

まず初日から困ったのは、夜です。寝る前にゲージに入れましたが、疲れていたのか2匹ともおとなしくゲージの中のマットに二匹寄り添って寝てしまったので、私たちは安心して二階の寝室に行きました。夜中に下で鳴き声がするので、皆で見に行くと階段のところで二匹いっしょに二階を見上げながらワンワン鳴いていました。あんまり可愛いので二匹とも抱いて二階に上がり、一緒に寝ることにしました。それからはずっと二階で私たちと一緒に寝るようになってしまいました。シーズーの方はとても丈夫で気が強くて、コーギーよりもほんの数日ですがお兄ちゃんだったせいでしょうか、初めは同じくらいの大きさだったコーギーが自分の二倍ほどの大きさになっても何かにつけて威張っていました。コーギーもシーズーに怒られてもいつも逆らうことなく、喉や首筋あたりを黙って咬まれていました。

去勢手術

悩み事と言えば、持病とコーギーの抜け毛です。コーギーちゃんはうちに来て一年くらいのときに去勢手術をしました。というのも、定期健診で睾丸の一つが下がっていないことが分かり、そのままにしておくと下がっていない方の睾丸が体内で腫瘍化するということで手術したものです。

手術後に手術痕を舐めたりしないように首に逆円錐形のカラーをつけた写真を見ると、今でも思わず吹き出してしまいます。また、このコーギーは心臓に疾患があったようで、大きくなってから時々発作というか全身を硬直させる痙攣を起こしました。病院でいただいた薬を飲ませると発作の間隔が長くはなりましたが、死ぬ少し前はそれまでは無かった日に数度発作を起こすようになり、最後は病院に行く途中に娘の腕に抱かれたまま息をひきとりました。シーズーちゃんの方は、乳歯が抜けずに歯が二段になってしまい、間に歯垢が溜まって口が開きにくくなったときに、お医者で歯を抜いてもらいました。この9月に亡くなる半年ほど前から白内障で目がほとんど見えなくなりましたが、最後まで散歩に行くとちゃんとおしっこをしていました。最後はほとんど食べなくなり、夜中に妻の腕の中で息をひきとりました。二匹ともとてもよい子でした。今もフォトフレームの中で元気に子どもたちと一緒に遊んでくれています。

犬の悩み事

まず初日から困ったのは、夜です。寝る前にゲージに入れましたが、疲れていたのか2匹ともおとなしくゲージの中のマットに二匹寄り添って寝てしまったので、私たちは安心して二階の寝室に行きました。夜中に下で鳴き声がするので、皆で見に行くと階段のところで二匹いっしょに二階を見上げながらワンワン鳴いていました。あんまり可愛いので二匹とも抱いて二階に上がり、一緒に寝ることにしました。それからはずっと二階で私たちと一緒に寝るようになってしまいました。シーズーの方はとても丈夫で気が強くて、コーギーよりもほんの数日ですがお兄ちゃんだったせいでしょうか、初めは同じくらいの大きさだったコーギーが自分の二倍ほどの大きさになっても何かにつけて威張っていました。コーギーもシーズーに怒られてもいつも逆らうことなく、喉や首筋あたりを黙って咬まれていました。

去勢手術

悩み事と言えば、持病とコーギーの抜け毛です。コーギーちゃんはうちに来て一年くらいのときに去勢手術をしました。というのも、定期健診で睾丸の一つが下がっていないことが分かり、そのままにしておくと下がっていない方の睾丸が体内で腫瘍化するということで手術したものです。

手術後に手術痕を舐めたりしないように首に逆円錐形のカラーをつけた写真を見ると、今でも思わず吹き出してしまいます。また、このコーギーは心臓に疾患があったようで、大きくなってから時々発作というか全身を硬直させる痙攣を起こしました。病院でいただいた薬を飲ませると発作の間隔が長くはなりましたが、死ぬ少し前はそれまでは無かった日に数度発作を起こすようになり、最後は病院に行く途中に娘の腕に抱かれたまま息をひきとりました。シーズーちゃんの方は、乳歯が抜けずに歯が二段になってしまい、間に歯垢が溜まって口が開きにくくなったときに、お医者で歯を抜いてもらいました。この9月に亡くなる半年ほど前から白内障で目がほとんど見えなくなりましたが、最後まで散歩に行くとちゃんとおしっこをしていました。最後はほとんど食べなくなり、夜中に妻の腕の中で息をひきとりました。二匹ともとてもよい子でした。今もフォトフレームの中で元気に子どもたちと一緒に遊んでくれています。

犬の悩み事

まず初日から困ったのは、夜です。寝る前にゲージに入れましたが、疲れていたのか2匹ともおとなしくゲージの中のマットに二匹寄り添って寝てしまったので、私たちは安心して二階の寝室に行きました。夜中に下で鳴き声がするので、皆で見に行くと階段のところで二匹いっしょに二階を見上げながらワンワン鳴いていました。あんまり可愛いので二匹とも抱いて二階に上がり、一緒に寝ることにしました。それからはずっと二階で私たちと一緒に寝るようになってしまいました。シーズーの方はとても丈夫で気が強くて、コーギーよりもほんの数日ですがお兄ちゃんだったせいでしょうか、初めは同じくらいの大きさだったコーギーが自分の二倍ほどの大きさになっても何かにつけて威張っていました。コーギーもシーズーに怒られてもいつも逆らうことなく、喉や首筋あたりを黙って咬まれていました。

去勢手術

悩み事と言えば、持病とコーギーの抜け毛です。コーギーちゃんはうちに来て一年くらいのときに去勢手術をしました。というのも、定期健診で睾丸の一つが下がっていないことが分かり、そのままにしておくと下がっていない方の睾丸が体内で腫瘍化するということで手術したものです。

手術後に手術痕を舐めたりしないように首に逆円錐形のカラーをつけた写真を見ると、今でも思わず吹き出してしまいます。また、このコーギーは心臓に疾患があったようで、大きくなってから時々発作というか全身を硬直させる痙攣を起こしました。病院でいただいた薬を飲ませると発作の間隔が長くはなりましたが、死ぬ少し前はそれまでは無かった日に数度発作を起こすようになり、最後は病院に行く途中に娘の腕に抱かれたまま息をひきとりました。シーズーちゃんの方は、乳歯が抜けずに歯が二段になってしまい、間に歯垢が溜まって口が開きにくくなったときに、お医者で歯を抜いてもらいました。この9月に亡くなる半年ほど前から白内障で目がほとんど見えなくなりましたが、最後まで散歩に行くとちゃんとおしっこをしていました。最後はほとんど食べなくなり、夜中に妻の腕の中で息をひきとりました。二匹ともとてもよい子でした。今もフォトフレームの中で元気に子どもたちと一緒に遊んでくれています。

犬の悩み事

まず初日から困ったのは、夜です。寝る前にゲージに入れましたが、疲れていたのか2匹ともおとなしくゲージの中のマットに二匹寄り添って寝てしまったので、私たちは安心して二階の寝室に行きました。夜中に下で鳴き声がするので、皆で見に行くと階段のところで二匹いっしょに二階を見上げながらワンワン鳴いていました。あんまり可愛いので二匹とも抱いて二階に上がり、一緒に寝ることにしました。それからはずっと二階で私たちと一緒に寝るようになってしまいました。シーズーの方はとても丈夫で気が強くて、コーギーよりもほんの数日ですがお兄ちゃんだったせいでしょうか、初めは同じくらいの大きさだったコーギーが自分の二倍ほどの大きさになっても何かにつけて威張っていました。コーギーもシーズーに怒られてもいつも逆らうことなく、喉や首筋あたりを黙って咬まれていました。

去勢手術

悩み事と言えば、持病とコーギーの抜け毛です。コーギーちゃんはうちに来て一年くらいのときに去勢手術をしました。というのも、定期健診で睾丸の一つが下がっていないことが分かり、そのままにしておくと下がっていない方の睾丸が体内で腫瘍化するということで手術したものです。

手術後に手術痕を舐めたりしないように首に逆円錐形のカラーをつけた写真を見ると、今でも思わず吹き出してしまいます。また、このコーギーは心臓に疾患があったようで、大きくなってから時々発作というか全身を硬直させる痙攣を起こしました。病院でいただいた薬を飲ませると発作の間隔が長くはなりましたが、死ぬ少し前はそれまでは無かった日に数度発作を起こすようになり、最後は病院に行く途中に娘の腕に抱かれたまま息をひきとりました。シーズーちゃんの方は、乳歯が抜けずに歯が二段になってしまい、間に歯垢が溜まって口が開きにくくなったときに、お医者で歯を抜いてもらいました。この9月に亡くなる半年ほど前から白内障で目がほとんど見えなくなりましたが、最後まで散歩に行くとちゃんとおしっこをしていました。最後はほとんど食べなくなり、夜中に妻の腕の中で息をひきとりました。二匹ともとてもよい子でした。今もフォトフレームの中で元気に子どもたちと一緒に遊んでくれています。

犬の悩み事

まず初日から困ったのは、夜です。寝る前にゲージに入れましたが、疲れていたのか2匹ともおとなしくゲージの中のマットに二匹寄り添って寝てしまったので、私たちは安心して二階の寝室に行きました。夜中に下で鳴き声がするので、皆で見に行くと階段のところで二匹いっしょに二階を見上げながらワンワン鳴いていました。あんまり可愛いので二匹とも抱いて二階に上がり、一緒に寝ることにしました。それからはずっと二階で私たちと一緒に寝るようになってしまいました。シーズーの方はとても丈夫で気が強くて、コーギーよりもほんの数日ですがお兄ちゃんだったせいでしょうか、初めは同じくらいの大きさだったコーギーが自分の二倍ほどの大きさになっても何かにつけて威張っていました。コーギーもシーズーに怒られてもいつも逆らうことなく、喉や首筋あたりを黙って咬まれていました。

去勢手術

悩み事と言えば、持病とコーギーの抜け毛です。コーギーちゃんはうちに来て一年くらいのときに去勢手術をしました。というのも、定期健診で睾丸の一つが下がっていないことが分かり、そのままにしておくと下がっていない方の睾丸が体内で腫瘍化するということで手術したものです。

手術後に手術痕を舐めたりしないように首に逆円錐形のカラーをつけた写真を見ると、今でも思わず吹き出してしまいます。また、このコーギーは心臓に疾患があったようで、大きくなってから時々発作というか全身を硬直させる痙攣を起こしました。病院でいただいた薬を飲ませると発作の間隔が長くはなりましたが、死ぬ少し前はそれまでは無かった日に数度発作を起こすようになり、最後は病院に行く途中に娘の腕に抱かれたまま息をひきとりました。シーズーちゃんの方は、乳歯が抜けずに歯が二段になってしまい、間に歯垢が溜まって口が開きにくくなったときに、お医者で歯を抜いてもらいました。この9月に亡くなる半年ほど前から白内障で目がほとんど見えなくなりましたが、最後まで散歩に行くとちゃんとおしっこをしていました。最後はほとんど食べなくなり、夜中に妻の腕の中で息をひきとりました。二匹ともとてもよい子でした。今もフォトフレームの中で元気に子どもたちと一緒に遊んでくれています。

 

その症状、ドッグフードを変えれば治るかもしれません。

実際に獣医師がお勧めしているドッグフード

 

実際に獣医がお薦めしている人工添加物を使用していないアレルギーフリーのドッグフードです。無添加素材で人間が食べれる本当に犬の体のことを考えた信頼あるドッグフードとして人気を集めています。

人工添加物を使わず、犬が本来必要としている栄養バランスを実現したドッグフード

【中型犬から大型犬に】穀物不使用(グレインフリー)の最高級ドッグフード「カナガン」

  • 子犬・小型犬に最適
  • 高タンパク・低炭水化物で美しい毛並みと骨格に
  • 全て人間が食べられる高品質な食材のみ
KAITO
初めてカナガンを与えてから半年くらいたちますが、飽きる事無く食事の度に大喜びで毎回完食です。便通も規則的にあるようになって、なんだかイキイキしているように見えます。実際、以前よりかなりアクティブになり、走るのも好きになりました。続きをよむ

必要な食事を「無添加素材だけ」で実現したドッグフード

小型犬にお薦め『アランズナチュラルドッグフード』

  • 人工添加物・肉副産物・着色料・保存料・香料不使用
  • アレルギー源となる食材を一切不使用
  • うんちが健康的に!
HANA
皮膚が荒れることもほぼなくなり(年に1回もないくらい)でとてもおどろいています。そしてなにより皮膚がツヤツヤになって、フケや油っぽさも全くなくなり、お医者さんもびっくりしてました。[続きをよむ]

犬ごはん用タイマー式自動給餌器

カリカリマシーンのタイマー給餌機能を使えば、ごはんの時間に縛られません。帰宅が遅くなったり急な短期出張も大丈夫。早朝におねだりで起こされず、しっかり眠れて爽快。また、決めた時間に決た量の食事をあげれるので肥満が予防でき、あなたの大切な愛猫・愛犬がいつまでも元気に暮らすために健康のベースを作れます。

通常電源をコンセント給電にすれば経済的。自動給餌器といえば単一電池電源が主流ですが、ハッキリ言って電池代はとても高価です。カリカリマシーンは電池のみでもコンセントのみでも使えますので、電池代という名の維持費が圧倒的に安く済みます。同時使用で停電時のみ電池給電となり災害対策も可能です。

獣医さんのサプリ「整腸」「消臭」

獣医さんのサプリ

1・動物病院で使用されいます。
獣医さんが抗生物質を処方する際に治療の一環で実際にご使用いただいている安全な商品です。

2・現役の獣医師と一緒に開発!
全国で60名しか認定されていない、日本小動物外科専門医の初代認定獣医師 遠藤薫先生と共同開発に成功しました。

3・天然由来の素材のみ使用!
人工化学添加物、保存料、香料、着色料の一切を使用していません。
私たちの体と一緒で、愛犬の体にもきちんと配慮した安心・安全な原材料だけを使用しています。

4・不要な添加物・着色料は不使用
防腐剤・人工溶解剤・人工甘味料・食塩・砂糖など、サプリメントに不要な添加物、不要な保存料に関しても一切使用しておりません。犬や猫にとって必要な栄養素のみを補給できるサプリメントの提供を一番に考え、サプリメントによって犬や猫の健康を保てるようにサプリメントは高品質で安心・安全な商品にこだわっています。

5・食べさせるのも簡単!飽きなく食いつき抜群
顆粒だから、いつものご飯にかけてまぜるだけです。錠タイプのものと違い、吐き出すこともないので安心です。遠藤先生の病院で、さまざまな犬種で実際に試食をしています。どのワンちゃんも飽きることなく毎日食べ続けてくれました。先生もお墨付きです。

よく読まれている人気記事

1

生後半年ごろから皮膚が荒れ始め、薬浴等を行ったのですがなかなか良くならず、ノミダニのケアもしているのに痒がることが多かったので病院に行ったのです が、病名や原因がわからず、アレルギー検査をしてもらうこ ...

2

元々食が細く、しかも偏食、特にドライタイプのドッグフードは単品ではなかなか食べてくれないうちのコでした。 ドッグフードに缶詰を混ぜたりしていたのですが、出来ればドライフードのみでいきたいとずっと考えて ...

-クチコミ

Copyright© 口コミおすすめ!健康ドッグフード , 2018 All Rights Reserved Powered by テーマ名.